top of page

アデニウムの植え替えに備え、100ℓの大型鉢に改良を加えます。

春のような天気になったと思ったら、また真冬の寒さに戻ったりと

人間でも体調管理が難しい時期ですが、

植物も休眠から覚めていいのか、いけないのか迷っている日々が続いております。


前回、ブログに書いた昨年から弊社が育て始めた3つの大型アデニウムですが、

今は約18ℓくらいの土が入る鉢に植えていますが、根が大きくなりすぎて鉢が変形しています。



昨夏の葉が生えていた頃のアデニウム ↓


2024年2月時点のアデニウム ↓



なので、春になったら3つとも植え替え予定です。


ひと回り大きな鉢に植え替えるというのが、通例ではあるとは思うのですが

それではあまり面白くないので、3つを一つの大きな鉢に植えようと計画しています。


春の植え替えに向けて準備開始です。


100ℓの土が入る大きな鉢を、ジョイフル本田で買ってきました。




大きいですね。

これに土を100ℓ入れたら、おそらく一人では持ち上げられないでしょう。


一人で持ち上げられないと、植物を移動したりするのに

とても不便で、とても扱いづらくなるのはわかってはいるのですが、

迫力もでて、面白そうなのでやってみます。


アデニウムは、過湿をとても嫌う植物です。


水捌けのいい鉢と、水捌けのいい土が必要ですね。


この大きな鉢は、水が抜ける穴が少ないので、自分で改良することにしました。


電動ドリルを使って、穴を開けます。

鉢底や側面にたくさんの穴を開けることにより、

水捌け、通気性のアップにつながると思ってます。





このドリルを使って、鉢底に無数の穴を開けました。





どのくらいが適当なのかは分かりませんが、

アデニウムの声を聞き、そして自分の感覚を信じて、側面にもこんな感じで開けました。



これで、排水性、通気性バッチリの大型の鉢が出来上がりました。


あとは、もう少し暖かくなってくるのを待って、

3つの大型アデニウムの植え替えをしたいと思います。


3月末か4月に入ってからですかね。

楽しみです。

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page