缶切り 2021.06.07

梅雨の時期に入ったような今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?


体調を崩さないように気を付けましょうね。


さて、この前テレビを見ていたら「缶詰」の特集をしておりました。


最近は色々な種類の缶詰があったり、保存食として缶詰が重宝されているようです。


その時、ある雑学が頭をよぎりました(笑)


では、みなさん問題です。


A,缶詰を開ける「缶切り」は、缶詰が誕生して何年後にできたでしょうか?


えっ??


そんなの缶詰が誕生した時に一緒に出来たんじゃないの??って思った方!!


実は、違うんです!!


三択にします。


1,約10年後

2,約25年後

3,約50年後



さぁ~わかりますかぁ??


どの選択肢の年数も長いですね😲



答えは、③の約50年後です。(正式には48年後)


それまでは、斧やハンマーで開けていたようです。


長い間、原始的な開け方をしてたんですね(笑)







閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示