top of page

プロテア キングホワイトを45ℓの大型鉢に植え替えました。

もうすぐ4月です。

いよいよ春がやってきました。


春といえば、植物にとっては植え替えの季節です。

寒さの厳しい冬を乗り越え、鉢植え植物であれば、

数年に一度、リフレッシュできる時期がやってきました。


この冬、弊社に新しい植物を迎え入れました。

プロテア キングホワイトです。

写真のような白くて迫力のある花を咲かせます。




迎え入れたとき、思ったよりも大きく(全長約130cmほど)びっくりしたのですが、

何よりも鉢の小ささに驚きました。


7号鉢(土の量が約3ℓ)くらいの大きさで、こんなにも立派に育てられていました。




根鉢になっていることは間違いないので、このキングホワイトの植え替えを先日行いました。

通常だとひと回り、ふた回り大きな鉢に植え替えるのがセオリーです。


ですが、それでは面白くなく、ダイナミックさにかけるので、一気に約15倍の大きさの45ℓの鉢に植え替えることにしました。


すでに前もって、この45ℓの大型鉢には電動ドリルで大量の穴を開け、排水性バッチリの型に改良済です。




用意した植え替え用の土は、軽石4、鹿沼土4、培養土2の割合で排水性重視の土です。





予想通り、根鉢になっていました。





プロテアの根は非常に細いので、できる限り根を崩さないで植えた方がいいのではないかと考え、特にほぐすことなくそのままインします。





あとは、ひたすらに土を入れて、完成です。





小さな6号鉢に入っているよりも、とてもバランスのとれた感じに見受けられます。


さあ、この大きな鉢でどれくらい成長してくれるか、今からとても楽しみです!

閲覧数:21回0件のコメント

Comments


bottom of page