首相公邸 2020.11.16

朝晩の冷え込みで体調を崩しやすくなっている今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょう?


全国的にコロナウイルスの第3波に入ったとの事ですので、しっかり手洗い・うがい・マスクをしてこの難局を乗り切りましょう!!


さて、先週のブログで「ホワイトハウス」の記事を書きました。


なので、今週は日本の「総理公邸」の噂話を書きたいと思います。

※有名な話かもしれませんね。



現在の総理公邸は、以前は総理官邸として使われておりました。


五・一五事件や二・二六事件などのクーデターの舞台となり、犬養毅など数人の死者が出たことは、社会の授業で習いましたよね。


そのことがあってなのか、軍服の姿の幽霊がでるとの噂があったようです。


私が以前に聞いた話ですと・・・・・、


森喜朗総理が夜中寝室で休んでいたそうです。


すると、廊下でザッザッザっと何人かの足音がして、扉の前で止まったそうです。


そしてドアノブをいきなりガチャガチャしたそうです。


森総理はビックリして飛び起き、「そこにいるのは誰だ!!」と叫んで、ドアを開けたところ、誰もいなく、すぐにSPを呼んだそうです。


ここは日本で一番警備が厳しい所。不審者が侵入してくるのは至難の業です。


公邸の中を隅々まで確認をしたが、不審者は・・・いなかった・・・。


そして、森さんから小泉さんに総理大臣が引き継がれたとき、森さんが小泉さんにこの話をしたそうです。


でも、小泉さんは「何を言ってるんですか」と笑っていたそうです。


しかし、小泉さんが総理大臣になり公邸に引っ越しをした直後、神社に依頼をしてお祓いをしてもらったとの事です。


あの時笑っていて余裕をみせていた小泉さんが、住んですぐに態度を急変したということは・・・・・・。


もしかして、軍人の・・幽霊を・・・見たのでは・・・・・。


この話を信じるか信じないかは、あなた次第です!!








閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示