top of page

新紙幣 2023.04.14



体調を崩しやすい季節なので、身体に気を付けましょうね☆


さて、本日来年から流通予定の新紙幣のニュースがやっておりました。


一万円札は、渋沢栄一。五千円は津田梅子。千円札は北里柴三郎。


最近はキャッシュレス化となってますが、早く新札を見てみたいです。


んで、またここで例の「ChatGPT」を使って新紙幣の新しい技術について書きたいと思います。


ただ、本当に毎日「ChatGPT」のニュースを見る様になりましたね。


では、ChatGPTの回答です。


日本の紙幣には、新しい技術が採用されています。ここでは、その代表的なものをいくつか紹介します。

  1. 立体触感プリント 日本の新しい紙幣には、立体的な模様や文字が描かれています。これは、立体触感プリントと呼ばれる技術によるものです。立体的な質感があり、触ってみると凹凸が感じられるため、偽造防止に効果があります。

  2. 透かし表示 日本の新しい紙幣には、透かし表示があります。紙幣を透かすと、人物の肖像が浮かび上がるようになっています。また、透かし表示には、水印も含まれています。紙幣を透かすことで、偽造紙幣でないことを確認することができます。

  3. ホログラムバンド 日本の新しい紙幣には、ホログラムバンドが採用されています。このバンドは、紙幣の一部に輝く光沢がある箇所で、偽造を防止するために採用されました。紙幣を回転させると、虹色の光沢が輝いて見えます。

  4. 顔料変色インク 日本の新しい紙幣には、顔料変色インクが使われています。これは、紙幣に印刷された文字や模様が、特定の波長の光に照射されると色が変わる性質を持っています。この技術により、偽造紙幣の検出がより容易になりました。

  5. 磁気インク 日本の新しい紙幣には、磁気インクが使われています。磁気インクは、磁気ヘッドで読み取ることができます。これにより、紙幣を偽造することが困難になりました。また、磁気インクを使ったシステムにより、自動販売機や自動改札機などでも、偽造紙幣の検出が可能になりました。

以上が、日本の新しい紙幣に採用されている主な技術です。これらの技術により、偽造紙幣の検出がより容易になり、国民の資産を守るための効果が期待されています。 すごい技術で新紙幣が出来上がるんですね☆


ますます新紙幣に興味が湧いてきました。



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page