延期の理由 2011.11.14

紅葉の季節になってきた今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?


朝晩寒くなってきたので、体調を崩さないように気をつけてくださいね☆


さて、先週の11月8日は皆既月食がキレイに見ることができましたね!!


また、今回は「天王星食」も同時に見る事が出来て、約442年ぶりだそうです。


多くのニュースなどで話題になっており、全国的に関心が大きかったですね☆


442年前の人たちも私たちのように、騒いだんですかね???


今の時代みたいにSNSが無い時代、どんな感じだったのでしょうか??


今回は1995年に打ち上げられたスペースシャトル「ディスカバリー」についての雑学をお伝え致します。


現在、宇宙旅行が身近なところまできてますね。


今までは、スペースシャトルなどで宇宙に行ってましたよね。


さて、ここで1995年6月8日にスペースシャトル「ディスカバリー」が打ち上げ予定となっておりました。


しかし・・・


打ち上げ直前に中止になり、延期になってしまいました。


理由は、外部燃料タンクに巻き付けられている断熱材に多くの穴が見つかったからです。


その数・・・・・、


なんと・・・・・・・・・・・・、


135個!!


では、なんで135個の穴があいたのでしょうか???


職員のいやがらせ?


違う!!


断熱材の中にいた虫が食べて穴をあけた??


違う!!!


鳥が穴をあけた???


近い!!!!


人が穴をあけた??


遠い!!!!!!


実は、鳥が原因だったのです。


そう、


その鳥は・・・・・・、


「キツツキ」でした!!


キツツキは断熱材を木だと勘違いをし、突っついて穴をあけてしましました(笑)


それ以来、NASAは発射台の近くに市販の鳥よけ用フクロウの模型や風船をなどを設置したそうです!


宇宙に人を送るようなNASAが、めちゃくちゃアナログでの対策ですね!


ちなみに、あまり効果が無かったようです(笑)


今回の皆既月食で久しぶりに夜空を見上げました。


なんか癒されましたね~☆








閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示