ボイコット 2021.12.20

みなさ真冬の寒波が到来している今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?


寝る時は温かくして、ゆっくり休んでくださいね☆


さて、あっという間に今年も終わりに近づいております。

今年もコロナに振り回された一年だったような感じがしますね💦


来年はどんな年になるのでしょうか?


2月には冬季北京オリンピックが開催させます。


今年も東京オリンピックが盛り上がりましたし、すごく楽しみですよね☆


ただ、ニュースを観ていると、「外交的ボイコット」など政治的な事ばかり注目させれており、

本来のスポーツの事が話題になっていないような気がします😢


んで、本日は「ボイコット」の雑学を紹介したいと思います。


みなさん、「ボイコット」の名前の由来をご存じですか?



実は、人物の名前なのです。


その名前は、「チャールズ・カニンガム・ボイコット大尉」という方でした。


土地支配人をしていましたが、ある年小作人たちが土地の所有権回復と小作料の引き下げをボイコット大尉に要求しました。


しか~し、これを大尉は拒否!!


すると、怒った小作人達がボイコット大尉を無視!!!!

また、近所の人たちまでも無視!!!!

色々な人たちが無視!!!

虫🐛まで無視(冗談)


いつしか相手を妨害する行為や、組織に参加することを拒否したり、特定の人を排除したりする行為を「ボイコット」と呼ぶようになったそうです。


でも、自分の名前が動詞になるのは、ある意味すごいですね(笑)




閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示