top of page

お肉の隠語 2023.04.01

桜がだんだんと散り始めた今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?


久しぶりの花見を楽しみましょうね☆


さて、本日テレビを観ていましたら、お肉に隠語の事をやっておりました。


例えば、江戸時代馬肉はなんて呼ばれていたでしょうか?


そう!!


「サクラ!!」


なので、最近のブログで使っております「ChatGPT]で今回も検索してみました。


約40秒ぐらいで書き上げました。内容はテレビで放送されていた事と一緒でした。


「生類憐みの令」とは、江戸時代に施行された法律で、動物の殺生を禁じ、肉食を禁止していました。しかし、人々の食欲は抑えられず、肉を食べるために秘密の言葉が使われるようになりました。このような隠語によって、人々は肉食を楽しむことができたのです。

その中でも代表的な隠語に、馬肉を指す「サクラ」、猪肉を指す「ボタン」、そして鹿肉を指す「紅葉」がありました。これらの隠語は、肉を食べたいという欲求を満たすための秘密の手段であり、当時の人々にとっては欠かせないものでした。

「サクラ」という隠語は、馬肉が桜肉に似ていることからきています。桜の花びらが淡いピンク色をしているように、馬肉も淡いピンク色をしているため、このような隠語が生まれたのです。

「ボタン」という隠語は、猪肉が肉厚で丸い形をしていることからきています。猪肉は硬くて臭みがあるため、一般的にはあまり食べられることはありませんでしたが、肉厚で丸い形をしているという特徴から、「ボタン」という隠語が使われるようになりました。

そして、「紅葉」という隠語は、鹿肉が肉が赤みを帯びていることからきています。鹿は秋になると毛色が赤くなり、木々の葉も色づいて紅葉するため、「紅葉」という隠語が使われるようになったのです。

これらの隠語は、当時の人々にとって、肉食を禁じられていた状況下で肉を楽しむための手段であり、肉を求める人々にとっては欠かせないものでした。しかしながら、現代においては、肉食は一般的に認知されており、隠語としての「サクラ」「ボタン」「紅葉」はあまり使われることはありません。


以上のように、江戸時代に肉食が禁じられていた時代に隠語が使われていた由来です。


江戸時代でも色々知恵を出してお肉を食べてたりしてたんですね。


また、みなさんも「ChatGPT」を使ってみる事をお勧めします。



閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page